«

»

8月 25 2017

お山のサンショウクイ

昨日撮影のサンショウクイをもう少しUpさせて頂きます。
この時期お山に現れるサンショウクイですが毎年撮影を続けていると愛着心が生まれてなんとも可愛い鳥さんではないかと思う今日この頃です。
2羽並びで目線が同じ方向は良い感じで可愛いです。

話題が変わりますが、昨日ニコンからD850が正式に発表されました。
D810後継機との位置づけですが搭載された機能に絶賛の様子です。

当方が特に注目している機能

  • サイレント撮影モード 従来Live View 撮影してもメカシャッターが作動してましたが、このモードでは先幕・後幕ともに電子シャッターでの作動
  • 153点AFの搭載 D810のAFに難点があったので期待大です
  • ISO64始まりで拡張ISO32 特に水の流れを現す風景撮影には重宝します。
  • 自然光オートホワイトバランス
  • 深度合成機能

撮影データ:Nikon D5 AF-S Nikkor 600mm f/4E + TC-14EⅢ 露出Mode: Manual 1/2000秒 F8.0 ISO: Auto WB: 晴天 RAW

写真1 サンショウクイ
D5M_1984_blog

写真2 サンショウクイ
D5M_2558_blog

写真3 サンショウクイ ペアー?
D5M_2525_blog

写真4 サンショウクイ
D5M_2589_blog

写真5 サンショウクイ雄
D5M_2360_blog

写真6 サンショウクイ
D5M_2068_blog

写真7 サンショウクイ
D5M_2241_blog

写真8 サンショウクイ
D5M_2267_blog

2 comments

  1. MILD

    味谷さん、昨日もお疲れ様~!
    サンショウクイはもっと気温が落ちたら、午後早々の時刻から飛来してくれるかも知れませんねぇ。
    風が強い日も嫌がって低い場所を飛んでそうですが、まずまず夕方の飛来は順調な感じかな?

    それと、ニコンは進化するスピードが早くて良いですね。
    対してキャノンは売価維持のためのバージョンアップばかりで、
    機能面での進化は買い替え意欲をそそられる程の物が何もありません。
    オリンパスとか他社も進化が早いのに、キャノンだけは殿様商売のみで飽きてきましたよ。
    大概、2世代遅れてそうですね。

    キャノン・ニコンの両社に思うことは、機材が重い!
    肉の目方売りみたいな価格はもういいです。
    写真を始める人によっては、重い・デカイ=高級感もあるんだろうと思いますが、
    昭和の高度成長期じゃなし、写真好きはステータスシンボルより『実質』を求めたいです。

    いっぱい書き込んでスイマセン(;^ω^)、またよろしくお願いします。

    1. 味谷

      北居さん、こちらこそ昨日はお疲れ様でした。
      結構出てくれたので良かったです。
      もう少しで渡って行くでしょうからそれまでに色んなパターン撮影したいです。
      ニコン使いからみるキャノンはトータルバランスが良いですね。特にレンズのレパートリーで小三元でのF値固定(f4.0)に憧れますし100-400mmは良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>