«

»

7月 14 2018

夏の慶良間(マクロ編Ⅱ)

夏の慶良間が続きます、今回は大好きなエビカニ類を中心にUpさせて頂きます。
特にバブルコーラルシュリンプは水玉珊瑚との相性抜群で大好きな被写体です。海の中で見つけるとそこを動きたくない衝動にかられ撮影しまくりでした。
バブルコーラルシュリンプが水玉珊瑚に付くのは水玉珊瑚の出す粘液を食する為と言われてます。やはり食性は大事な要素です。

撮影データ:Nikon D90 AF-S Micro Nikkor 85mm F3.5G With Nexus Housing ストロボ INON S-2000 2灯 RAW 露出Mode:Manual SS 1/60-1/200秒 F11-16 WB:Custom

写真1 バブルコーラルシュリンプ
DSC_9900_blog

写真2 バブルコーラルシュリンプ
DSC_9897_blog

写真3 バブルコーラルシュリンプ
DSC_9841_blog

写真4 バブルコーラルシュリンプ
DSC_9831_blog

写真5 コガラシエビ
DSC_9880_blog

写真6 ヒトデヤドリエビ
DSC_9795_blog

写真7 モンハナシャコ
DSC_9729_blog

写真8 アカシマシラヒゲエビ
DSC_0042_blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>